債務整理をしだしたのは借金がもう返せないと判断した

債務整理をしだしたのは借金がもう返せないと判断した

債務整理をしだしたのは借金がもう返せないと判断した

こんな感じのことを書いて。承認欲求が欲しいだけなのかもしれない。

 

 

 

資産が増幅したり、減ったり、借金をしてでも積み上げたい事があるとするならば本当に自問自答をしてみると良いかもしれない。

 

 

結果的にはこの1年間で上下はあったものの革新的なモノが生まれて生きていることは確かなのだ。それをまずは受け止めること。

 

 

 

債務整理になるだって季節の変化と似ている。

 

 

 

 

自分の都合の好いように話しを変えてしまう天才です。
この前も家に遊びに来た人に対して「孫ちゃんたちからなんて呼ばれてるんですか?」と話しかけられていました。
私はそれに対して「ばあちゃんしか聞いたことがない」うちの孫たちはばあちゃんのことは、ばあちゃんとしか呼ばないと心の中でとっさに思いました。
そしたら主人の母は「ばあばって呼ばれます」というふうにお友達に対して返しました。

 

「は?」そんなふうに呼ばれたの一度も聞いたことがないんですけど、てゆーか気持ち悪いしなんでそんなところでうそをつくのかはわからないです。

 

私の実家の母に対しては子供たちは名前で「○ばあば」と可愛らしく呼んでいるのですが、それがうらやましかったのでしょう。
どちらにしても嘘だったので、どうして嘘をつくのか見えか、うらやましいからかわかりませんがそのまま放置しておこうと思います。

 

あまりにつらい思い出が多いのでこれからもかわいらしい呼び方はさせませんけど。

 

 

 

もし次にチャンスがあるとするならば、今までの失敗をすべて生かすこと。

 

 

しんどいとかは言わない。お金にはルーズになる。思っていることも我慢をする。向こうの気持ちが20%になっても投げ出したりしない。

 

 

 

傷つけない。依存をしない。弱音をはかない。成長をしている姿を見せること。

 

 

 

乾杯だな。

 

 

債務整理の過払い金ならこれがおすすめ

 

債務整理のデメリットとかも考えて欲しいんですが、メリットと両方を局地的になっていくのである。

 

 

今朝家族が、仕事、学校などに出かけて家の中に誰もいなくなりました。この時間家の中には私だけのはずです。
トイレに入ろうと思ってトイレのドアを開けようとしたら……「は?」ドアに鍵がかかってドアがあかないんですよ。

 

えー!だって家の中には私しかいないはずなのに、トイレは電気もついてるし鍵までかかっていて「本当に冷や汗かいて怖い」気持ちでした。
思わずドアをノックしてみると、当たり前だけど反応なしでガチャガチャするけどやっぱり鍵がかかっています。

 

下に隙間があるんで覗いてみると、これまた当たり前だけど誰もいませんでした。
うちのトイレの鍵は外からコインを使って開けることが出来るので、やっと鍵を開けることができました。

 

後からわかったんですが、末っ子が鍵を中途半端にかけた状態で出かけたらしくてそれが原因で鍵が何かのはずみでかかってしまったようでした。

 

びっくりしましたが、外から簡単に開けられるタイプで良かったです。

 

 

 

債務整理と自己破産。借金返済とかもしていく。好きじゃなくても知識を武器にしていかなければならない。

 

 

不思議とお金を稼げるようになると、目の前の大切な事が見えなくなってしまう。

 

 

債務整理も含めて、時期的な話しだと個人的に思っている。

 

 

借金を返せなくても、未来を信じて出来ることをコツコツする。

 

 

バイトでも違う事でも十分OK

 

仕事を真面目に取り組んで、お金を稼げるよりも、消費を激しくしないこと。

ホーム RSS購読